それゆけ、地域!

わたしと地域のものがたり

フィールドワーク。

お久しぶりです。コレ子です。

看護師として働きだして2年目に突入しました。現在神経内科と乳腺外科の混合病棟で勤務しています。

業務に追われてばかりで、もやもやを感じることはあり、投げ出したくなることも多々ありながらも患者さんからの「ありがとう」や「あなたが来てくれてよかった。」「手を握っててほしい。」とかけてもらった言葉で疲れはどこかへ飛んでいきます。笑

 

そんな私が最近心がけているのは患者さんへ自分の気持ちをフィードバックすることです。「(私のケアを受け入れていただいて)ありがとうございます。」という感じで。

効率が悪く仕事は遅いですが、丁寧に自分らしく患者さんとか関わっていきたいなと思っています!

 

ではでは本題に。先日もーりー先生から4月16日に離島保健活動論のフィールドワークが行われるため、楽しみ方、大切にしたいことetcをブログに書いて!という連絡をいただきました。

嬉しい反面私でいいのか!?という感じです。笑

つたない文章になるとは思いますが、目を通していただけたら嬉しいです。

私が離島保健活動論でフィールドワークへ行ったのは2年前。(時間が経つのが早い・・・。)

鹿児島の皆さんならご存知「騎射場」へ行ってきました。

 

私が大切だなと思ったことは、この離島保健活動論がどんな目的でする講義なのかどんな理由でその地域(そのシマ)に来たのか話を聞きたい方に自分の言葉で伝えることができることかなと思います。

 

シラバスに書いているような硬い言葉?笑ではなくて、自分の言葉で!

私はそれが100%できていたかと言われればわかりませんが、自分の言葉で伝えたことでその地域でつながりができ、後のボランティア活動に繋がりました。(前の記事にあるのきさき市です!)

 

「騎射場で私たちが知っているのは居酒屋さんだったりのお店ばかりで・・・。でもこの講義では地域を作るには色んな要素(コミュニティアズパートナーモデルの内容)があることを学んで、学生が多く住んでいるけど昔ながらのお店だったり長く騎射場に暮らしてる方にここのどんなところが好きかお話を聞きたいんです!」みたいな・・・笑

 

そんなこんなで回り回って地域づくりを行なっている方と繋がって、のきさき市に。という感じでした。

 

楽しみ方はもうとにかく地域の方に挨拶して、笑顔が一番だと思います!笑

きっとこんなこと学生のうちしかできないと思います!(そんなこと言いながらいまでもよく出かけて地域めぐりしてますが笑)

 

履修してる方が地域の方と素敵な出会いができることを願ってます!

私も負けじと明日患者さんと素敵な時間を過ごせるように頑張りたいと思います!

 

コレ子