それゆけ、地域!

観て、聴いて、感じる!-自分、なかま、地域、地球!

今日を模索しつつ、明日をみる

1年間のふりかえりをしている。手帳のカレンダーを見返してみたり、毎日つけ続けた3行日記を読みかえしてみたりしながら。

 

ふりかえってみることで、特段何もなかったように思えた日々のなかに彩りが添えられていつの間にやら自分の足跡がみえてきたり、ふとした周囲の人たちのやさしさに改めて気づきなおす機会になって、いまさらながら感動したり。

参考:

http://hisa-magazine.net/blog/manabutikara/1yearfurikaeri/

 

ちなみに、2016年元旦の日記には、実家でパジャマの無い私に対し(いつも両親のパジャマを拝借しているのですが、今回は選べる枚数が少なかった)、「もし着るものがなかったら、お父さんの脱いで渡そかい?」と、やさしさと愛情に満ち溢れた場面が記載されていました。かわいらしい父です・・

 

さて、手帳はここ2年間おなじ種類(ほぼ日weeks)。

手帳や文房具は好きなので、今年は新しい種類のものに変えようとかなと思いさがしたけれど、やっぱり3行日記の書きやすさという点において、この手帳を未だ超えるもの無し。ということで、3年目のほぼ日手帳に突入予定です。

 

ほぼ日手帳は数種類あり、別な種類である「カズン」(A5サイズほどの手帳)も、ここ2年間は購入していました。

こちらの手帳には、日付は無視して(!)、発表スライドや申請書、授業シナリオ等の自分の仕事についてのあらゆるモロモロを残し、たまにぺらぺら眺めるようにするため用に購入していました。以前の経験から学ぶ(もちろん、ときに学びを捨てることも大事)上で、自己満足であれ私にはとても役に立っていて。特に、全然ちがうテーマのことを考えているときにこそ、活きる「じぶん辞典」のようなものだと思っています。

 

参考:

ほぼ日手帳2013 - あのひとの「ほぼ日手帳」 - ほぼ日刊イトイ新聞

 

まったくもって脈絡はない話をすると、ふりかえりの途中でふと昔書いた文章をもう一度読んでみようと思いついたのでした。読んでみると、初心に戻る感覚を覚えます。

やっぱり、書くことは、考えることだと思いました。

 

 

f:id:kago_com:20161229173053j:plain

 

迷いの時期ではあるけれど、いろいろなことを変化の契機にしていく1年にしよう。

 

みなさまにとっても、新たにかけがえのない1年となりますように。

 

Morry

 

【追伸的なもの】

 

ふりかえりシートを小さく印刷して、ほぼ日weeksに貼ったらより本っぽくなった。

www.1101.com

 

さらに、写真を印刷して加工していけるとなお一層たのしいかもしんまーい!

ほぼ日刊イトイ新聞 - ようこそ ほぼ日手帳CLUB

 

ふりかえりつつ、前進していける状況をイメージして。 捨てることはむずかしいが・・