読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それゆけ、地域!

観て、聴いて、感じる!-自分、なかま、地域、地球!

新茶の季節です🍵in 頴娃町

みなさんお疲れ様です。

今日は両親のために南こうせつのコンサートチケットをゲットすべく、6時に知覧文化会館に行き、無事整理券『1番』ゲット⇨チケット2枚ゲットした木兆🍑です!
 
今週の木・金で実家のお茶の手伝いに行ってきたので、頴娃町(えい町)のお茶のことを少し書こうかなと思います。
 
南九州市は県内有数のお茶どころです。知覧茶はご存知の方が多いと思いますが、頴娃町もお茶の生産が盛んです。南九州市総合計画の中で、来年度から南九州市のお茶のブランドが「知覧茶」に統一されます。
 
今の時期は、新茶の摘採の時期です!黄緑に芽吹いた茶園に、黒いクレムナという黒いネットで一週間程度被覆し、摘採します。このクレムナを被覆する作業が一番大変な作業です。その作業は、クレムナを1m間隔でピンチで留める作業。この作業だけは機械じゃできないのです。
 
そして、この乗用型摘採機で茶葉を摘み取り、各工場で荒茶にされます。荒茶は鹿児島市内にあるJA鹿児島県経済連が運営するお茶市場に出荷します。そこで、競りにかけられ、形状、水色、香りなどを問屋がみて、値段がつけられます。 そして再加工され、皆さんのお手元に新茶としてお届けされます!!
 
久々お茶の手伝いをしましたが、作業しながら、道路を行き交うトラック&軽トラ集団や、聞こえてくるお茶の摘採機のエンジン音、夜になると茶工場の明かりが目立ち、夜の静けさの中に茶工場の機械音がかすかに聞こえてきます!この時期ならではですね!
 
 

f:id:kago_com:20160416224630j:plain

↑左から大野岳頴娃町の山)、らくだ山、開聞岳

f:id:kago_com:20160416224738j:plain

開聞岳バックに広がる茶畑です。黒い畑はクレムナがかかってる茶園です

f:id:kago_com:20160416225533j:plain

↑茶のみ(10時の休憩)の様子です

f:id:kago_com:20160416224516j:plain


f:id:kago_com:20160416230924j:plain

↑乗用型摘採機:父が運転操作、母が後ろで茶袋に茶葉を詰め込んでいます。
 
木兆より