読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それゆけ、地域!

観て、聴いて、感じる!-自分、なかま、地域、地球!

『水』の街 〜垂水市〜

大隈を訪れてきました〜

今回は垂水市について書いていこうと思います。

垂水市は、北に霧島市、西に桜島、東は高隈連山を境として鹿屋市に接している場所に位置しています。

今回は、フェリーを利用して垂水市におじゃましてきました!!

海を眺め、春のそよ風を感じながら快適な船旅で、1時間弱程度で、垂水市内へ到着。

垂水港に着いた途端に、真っ先に潮の香りがふわっと漂ってきました。

f:id:kago_com:20160410162434j:plain

 

早速、市役所へ移動。垂水観光案内の看板もあったのですが、私が気になって仕方なかったのが、市役所のすぐ側にあるしいたけ販売所の看板が目に入り興味をそそられました。

祝日のためか、残念ながら本日は営業をしていなかったのですが、今度は平日にでも覗いてみようかと思います。

 

市役所を後にして、散歩しながら街の様子を見てきました。

気になる民宿があったので、事情を話して民宿の様子を見学させてもらえないか伺うと、快く、一部屋一部屋を丁寧に説明していただきました。どの部屋も、温かみの感じるお部屋でした。

 

民宿のお母さんから、民宿を始めたばかりの頃の垂水市の話を少し聞くことができました。民宿『ファミリー垂水』さんの付近には、今よりも多くの温泉が立ち並んでいる地域だったようです。現在は、徐々に少なくなってきているとのことでした。民宿に来る方は釣りを目的に訪れる方もいらっしゃるとのことでした。

 

実際に、民宿『ファミリー垂水』さんに来る途中に、釣り具屋さんであったと思われる場所や温泉を見かけました。

 

民宿『ファミリー垂水』さんは、近場の温泉に長年貢献されており、民宿された方には温泉の券を無料で提供しているという話をしていただきました。

近隣関係の結びつきを感じ、長年のつながりがあるのだということを感じました。

 

残念ながらゴールデンウィークはすでに予約で埋まってしまっているみたいですが、魅力の詰まった、民宿『ファミリー垂水』さん!!

ぜひ足を運んでみてください。

お母さんの了承を得て、写真をパシャり⭐︎

f:id:kago_com:20160410164733j:plain

そして帰り際には、ミネラルウォーターを頂きました。

f:id:kago_com:20160410164522j:plain

 

垂水市の名称は垂水城(元垂水)の崖下に、岩の間から清水が滴々と垂れて溜水があり、この辺一帯の唯一の飲料水であったので有名となり、この地名が起こったといわれているみたいです。垂水はその名の通り『水』との結びつきが強くあり、水の街として魅力の詰まった地域なのではないかと、もっと垂水を知りたいと感じた1日となりました。

急に訪れたのにもかかわらず、快くご協力していただいた、民宿『ファミリー垂水』さんありがとうございました。

by.Yamamooo