読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それゆけ、地域!

観て、聴いて、感じる!-自分、なかま、地域、地球!

垂水・鹿屋を訪れました。

大隅半島で実習をさせて頂く学生4人で大隅に行ってきました。

ここでは、垂水市鹿屋市を訪れて感じたことについて書いていきたいと思います。

 

垂水市錦江湾に面した、人口約1万5千人の市です。

 

垂水港には鴨池港からフェリーで約40分かけて到着!

 

フェリー上から撮影した垂水港フェリーのりばです。 

 

f:id:kago_com:20160410151720j:plain

 

フェリー乗り場周辺の駐車場には自家用車がたくさん駐車されている状態で、また、鹿屋と垂水を結ぶ路面バスもあり、ここが大隅半島薩摩半島を結ぶ交通の要所となっていることを実感しました。大隅のみなさんは、休日にはこのフェリーを利用して、鹿児島市へお買いものなど行かれるのかなぁと思ったりしました。

これからは、私も何度かお世話になります!

 

この場所から少し進むと垂水市役所が見えてきました。

 

垂水市役所です。

 

f:id:kago_com:20160410155926j:plain

 

市役所周辺には市立病院やスーパー、学校・公園・図書館・文化会館などが集中した文教ゾーンがあり、小範囲に必要な施設の密集するこの辺りが生活の中心となっている印象を受けました。

 

まち並みの印象としては、平屋建ての民家が多く、田園風景の広がるのんびりとしたまちという印象を受けました。忙しい生活に疲れたときには、こころを癒してくれるような、そんな場所に感じました。

 

垂水市から車で走ること約30分。

田園・海沿いの風景を進み、鹿屋市にある菅原神社に立ち寄りました。

 

f:id:kago_com:20160410152250j:plain

 

ここは、菅原道真公を祀る神社です。これからの実習が無事に進むよう祈願しました!

海のそばなので、潮風が気持ちよかったです。

 

さらに、10分ほど進むと鹿屋市市街地に入りました。

鹿屋市大隅半島の中央に位置する、人口約10万4千人の市です。

鹿屋市市街地にさしかかったところの様子です。

 

f:id:kago_com:20160410152519j:plain

 

この写真の周辺には飲食店やスーパー、公共の施設が立ち並び、大きな建物も多くありました。人通りや交通量も多くなり、大隅の中心部といった印象を受けました。

垂水や曽於、志布志などとも車で1時間程度の距離でつながっている印象だったので、双方向に遊びに行きやすいし、鹿屋市大隅の方たちが集うまちにもなっているのではないかなと思ったりしました。

 

今回は短い時間で大隅を回ったので、まだまだ気付けていない垂水・鹿屋の良さがたくさんあると思います。これから多くの人と関わる中で、新たな情報を見つけていきたいと思います。

 

yui