それゆけ、地域!

観て、聴いて、感じる!-自分、なかま、地域、地球!

「コミュニケーション機器&ホスピタル・プレイ 体験・相談会 in鹿児島」

こんにちは!看護学生4年のなっぱ。です!
前々からこのブログのことを気になっていて、遂に今回、初投稿です\( 'ω')/イエイ
(緊張しますね~)
その事はさておき!笑
先日、看護学生3年生と4年生の合計10人で、「コミュニケーション機器&ホスピタル・プレイ 体験・相談会 in鹿児島」というものにボランティアとして参加させて頂きました!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ☆♪

f:id:kago_com:20170908132717j:plain

この体験・相談会は、「SMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会」の方々の主催で行われたものです。この貴重な会に私達学生が参加できたのも、声をかけて下さった保健師の方や森先生、そして私達学生を受け入れて下さった家族会の方々、皆さんのお陰です。ありがとうございます。

内容としては午前と午後とで別れており、午前は、静岡県立大学短期大学部 准教授   松平千佳様による講演を聞かせていただきました。「病児・障がい児とホスピタル・プレイ」という内容で、子どもにとってのケアの在り方や「遊び」の価値について考えさせられました。
皆さんは、今から何をされるかも分からないまま、押さえつけられたり、縛られたりしながら急に針を向けられたらどう思いますか?お友達は皆遊んでいるのに自分だけ遊べない状況に置かれたらどうですか?σ( ̄^ ̄)
病院に常日頃からいる医療者にとっては見慣れた日常だと思いますが、患者様、特に子どもたちにとっては慣れることが難しく、また窮屈な環境なのではないかなと改めて考えることが出来ました。
子どもたちにとって入院生活というものはストレスになりやすいものだと思います。その様なストレスを少しでも解消するのに必要なのは「遊び」です。( ´罒`*)✧
皆さんは、いつから遊ばなくなったでしょうか。「小さい頃はあんなに鬼ごっこ好きだったのになー」「砂遊びもしてたなー」など思っている方もいるのではないでしょうか。私も「昔はあんなに遊んででお母さんに怒られるぐらい毎日、生傷を身体に作ってたっけ笑」と小さい頃を振り返ってみました(´-`).。oO(
でも、今回の講話を聞いて、「遊び」ってどういうものか決められてないよね?っと思わせられました。ただただ体を動かすものだけが「遊び」ではない。好きな本を読んだり、好きなものを調べたり、勉強だってある意味「遊び」なのかもしれないと思わせられました。
だったら!医療者が行うケアや処置にも「遊び」を充分取り入れられる!子どもたちの入院生活によるストレスを少しでも解消出来る!とこの講話で学びました。
子どもたちは、抵抗力が大人に比べて小さい分、周りの環境に左右されやすいと思われます。その中でも、子どもたちの為に「遊び」を取り入れるべく、まずは医療者等が「遊び」の重要性の理解や、安全な「遊び」を取り入れられる技術の習得が必要なのではないかとも思いました。

午後は、コミュニケーション機器&ホスピタル・プレイ 体験・相談会が行われました。予定より多くの方が参加され、会場がちょっと小さいと思われるぐらいでした。(いいこといいこと(´˘`*))
車椅子を利用している子どもたちが多く、すっごい賑やかでした!笑
会場では、少しの指の力や視線だけで動かすことの出来るコミュニケーション機器や、まるでジェットコースターに乗っている気分にさせてくれる機械など様々な現代の発展を体験することが出来ました。
(余談ですが、ジェットコースターの気分が味わえる機械を体験したら、あまりのリアルさに首を痛めました。苦手な方はご注意くださいレベルでリアルです!)
この様な機器を利用して、ご本人さんが思われていること・考えていること等を周りの方々と共有できたり、知ってもらえたりすることで、よりご本人さんらしい生活が生まれるのではないかと思いました。また、先程のジェットコースターのように経験するのが難しいことを少しでも味わうことで、楽しいと思えるような良い刺激にもなるのではないでしょうか。

今回の体験で、子どもの立場に立って考えること・現代の発展が産み出す新たな可能性について学ぶことが出来ました。私事ですが、春からは小児専門病院に勤めることとなります。今回の学びを今後の経験に活かせられればと思います。また、この会でお会い出来た県外の方々との出会いも大切に出来たらと思っております(❁´ω`❁)

おしまい。(長々とすんません笑)

同窓会のはしご。

どうも!

先週末は保健師同窓会総会、一昨日は高校同窓会、昨日は数年前にたずさわっていた保健師職能委員会同窓会へ出かけてゆきました。

言葉にしてみて振り返ると、過去に傾倒しまくってます。笑

2週連続、城山ホテルとかどんだけだよwww完全無欠の金欠です。

来月島2回行くのに、耐えうるのでしょうか。笑

高校同窓会なんて、120周年という記念大会で600名超だったみたいです。校歌歌うときなんて、すごかったー。こわっ!でも歌っちゃうわよ私、みたいな感じでした・・緊張して、コップに氷入れて焼酎注いでお湯いれちゃったよ。結果、ぬるま湯でした\(//∇//)\

焦。はい!ご覧ください。このインスタ映えしそうなお料理!!

f:id:kago_com:20170813160648j:plain

この氷がニョキニョキしていました。ご立派なものでした。こちらは天文館の大五郎というお店でした。おすすめです。ちょっと今の私にはお高めですがとてもおいしくいただきました。

保健師職能のお姉さま方のキラキラ具合は安定感半端なかったのですが、人生の話を聞いたり、宝石の話を聞いたり(/・ω・)/ブドウやらちんすこうやらお土産の渡し合戦みたいになったり(私は受取専従)、てんやわんやな感じで「また3月ね!!」と別れていきました。

・・

学生とリトルプレスを実験がてらつくってみているのですが、これがなんとも言えずおもしろいです。えいやっと、やってしまえる、潔さというのでしょうか。まとめない、ふわっとしたままをすぱーんと表現できる。本当にうらやましい。 大人になっても、そうあるにはどうしたら良いんでしょうねぇ。ま、一歩ずついきましょう。 

さいごに、学生のリトルプレスの1ページから。

f:id:kago_com:20170813161542p:plain

 

 

 

大学四年生

こんにちは。

今日森先生に聞いてブログ初挑戦です⭐️

ニックネームは豆子です。

今の気持ちを綴ります。

 

先日わたしは就職試験を受けてきました。

関西の方です。

九州を出てみたいという思いと、祖母ともっと一緒にいたいという思いからわたしは九州を離れることにしました。

いまは、ドキドキとワクワクです。

 

新たな土地で生活することに不安があるので、ここでみなさんと繋がれたらと思ってます。

 

試験が終わった私は、すこし気が抜けています。学生のうちにしかできない事をしていきたいですが、目先の目標がないので、手持ち無沙汰です。みなさんは大学四年生をどのように過ごされましたか?

 

おわり

 

 

南のシマより

南のシマからの初投稿

卒業生のあおさです

 

先日ふと、大学に立ち寄ったところ

Morry先生にお願いされたので

ちょっと書いてみます

 

 

こんな海だったり

f:id:kago_com:20170527122824j:image

 

こんな山だったり(他の市町村ですが)

f:id:kago_com:20170527123208j:image

 

こんな生き物いたり

f:id:kago_com:20170527123305j:image

 

こんな木のある集落だったり

f:id:kago_com:20170527123822j:image

 

たまーにこんな怖いカカシもいるような

f:id:kago_com:20170527124403j:image

 

そんな小さな村で働いています

 

学生の頃は自分が島で働くとは想像していませんでしたが、

これも縁だなぁと感じる今日この頃

 

そういえば来てすぐの頃

初対面の人から

「〇〇の弟な!?(どうやら顔が似てたらしい)」

「〇〇さんの孫ね!?(顔の系統が似てたらしい)」

と言われたのを思い出します

 

 

初対面の人でも、何かしら縁を見つけてくれようとするシマの人々

ここは縁がなくても縁をつくってくれるシマなのかもですね

 

 

いつか母校の学生さんたちにも来てもらえるといーなー

 

 

ってこんな感じでよいのかな

また書きまーす

 

あおさ

愛を知る。第1号

名古屋にきて2ヶ月がたとうしています

2ヶ月生活して感じたこと

 

❶「きました!きました!方言の壁」

県外に就職すると、必ずと言っていいほど、方言の壁にぶち当たる!私もその壁にぶち当たった!

こんなやりとり。。。

(朝の検温中、、、)

NS「(患者さんに)えらい?」

Pt「えらくないよ。」

初めてこのやり取りを聞いたとき、『えっ、この患者さん、偉い人なんだ!!』とびっくり仰天!

でもいろんな患者さんに対してこのやり取りはみられ、『えっここに入院している人、みんな偉いんだ?!』と、その疑問を同期にすると、、、「えらいって『きつい』っていう意味だよ」と笑いながら教えてくれた!これで、看護師のやり取りも理解できたのであった!!

今では、私も「えらいですか?」っと言っています。通じるか不安でドキドキ💓しながらですが😁

 

❷「スーパーにカンパチがない!」

私にとって魚といえばカンパチ!ぶりよりカンパチ!

なのに、スーパーに売ってない😭!!名古屋に来てこの事実は、とても衝撃が大きすぎた、、、。

鹿児島を離れて気づくこと「鹿児島って海の幸の宝庫だったんだ、、、!」

 

❸「鹿児島県産」

スーパーにいくと、愛知や三重、岐阜産の野菜がある一方で、なんと「鹿児島県産」の野菜も愛知のスーパーに陳列されていましたよ!しかも、野菜だけでなく鹿児島の誇る「鹿児島黒牛和牛」まで(値段は高いですが)👀❣️名古屋にいながら鹿児島に触れることができるのは、とても嬉しいことです!

 

まだまだ名古屋の生活は始まったばかり。今後の新しい発見が楽しみです!

 

それと

今年の「かごシマ展」FBで拝見しました!「宇宿すきスキ♡」そんなにスキスキ言われたら、好きになってまうやろっ!って思うほど、宇宿を好きになる出会いがたくさんあったんだな〜🤤

私も負けじと、今じゃあ1人の「愛知県民」として、愛知の「愛を知る」出会いをしていきたいものです!

 

by木兆

宇宿スキスキ♡

はじめまして 離島保健活動論という授業を履修している学生です!

 

今回は授業のフィールドワークで私たち“宇宿スキスキ”班は大学の近くにある宇宿に行ってきました!!

 

日頃大学に行く際によく歩いている宇宿なのですが、意外と知らないことも多かったです。

例えば、宇宿の広さ。端から端まで歩くのはさすがに無理だったのですが(最初は行けると思っていました 苦笑)自分たちが境目だと思っていたところが違っていたり、踏切がある通りがちょうど境目となっていたりで、気を付けて見て初めて気が付くことが多かったです。

他にも宇宿にある公園を巡ってみて、地域の人と出会い、お話しすることができました。今回、私たちはインスタントカメラで写真を撮っていたのですが、最近の小学生とかはインスタントカメラ自体初めてだったらしく使い方がわからず、今回学生と一緒に初めて使ってみたそうです。私たち自身も使うのは久々で、修学旅行ぶり?とかで^^現像したのを見るまでがドキドキでした(笑)

そして、JR宇宿駅と市電脇田電停のすぐそばにあるコスモタウンでもお話を聞くことができました。いつもバスの誘導をしてくださっている方やお店の人、バスを待っていたりコスモタウン内のベンチに座っていた方々、親切にいろいろなことを話してくださりました。

私たちはいろいろなお話をする中で宇宿の好きなところは何か?という共通の質問をさせていただきました!

 「交通の便がいい」「新しい人と昔からの人が合わさっている」「イベントがいろいろある」「子育てしやすい環境」

たくさんのスキを聞きました!宇宿は皆さんに愛されていますね(*´▽`*)

写真はフィールドワーク後に作ったものです!

f:id:kago_com:20170502232359j:plain  f:id:kago_com:20170502231955j:plain

 

 

 

先日の4月28日に「かごシマ展」にて展示をさせて頂きました。宇宿の他にも学生が鹿児島県内でいろいろなところへフィールドワークを行い、展示をしています。5月12日まで鹿児島大学桜丘キャンパスの共通教育棟4階にて展示をしていますので、ぜひお立ち寄りください^^

おせったい

こんばんは!

今年度から新社会人になりました、コレ子です。(学生から社会人になったので名前も変えてみました!笑)

 

私の地元大分県豊後高田市で先日「おせったい」という行事が行われました!

仕事が休みだったら行きたかったけど残念ながら……😭

 

おっとそんなことより、「おせったい」とはなんぞやという話になると思います。

ちょっと引用…

近年、お接待は姿を消しつつあり、知らない世代が増えています。消えゆく伝統行事、お接待とはどんな行事なのでしょうか。

お接待といえばどうしても四国巡礼が思い浮かびます。『四国遍路の民衆史』にはお接待について次のように書かれています。お接待の考え方などがよく分かると思います。

“「接待」という名の福祉活動 
 遍路を助けよう 
どんな貧しい人でも長旅の遍路に出られたのは、地元四国で「接待」という行為がなされていたからである。つまり、遍路している人を助けるために、米・味噌・野菜の食べ物や、わらじ、手拭、ちり紙などの必要品を与えてねぎらう風習がそれである。…遍 路者を信仰心厚い求道者として遇する社会の同情も消えることはなかった。…また接待が積極的に行われたもう一つの大きな理由は、…遍路への施しが大師(弘法大師空海)への供養・報謝と同意義だという感覚が育まれたからでもある。… ”

このようにお接待とは大師信仰から生まれた風習・行事で、寺社への参拝者に飲食物をふるまうことですが、一般には弘法大師を信仰する人々が、毎年旧3月と7月の21日に大師の像をまつり、参拝者に菓子やモチ・握り飯などを接待することをいいます。

大分県内のお接待をいくつか紹介します。

国東地方 『くにさき』より
「3月21日の弘法大師のお接待。この日と7月21日の年両度。座元が廻り番で、米を集めて炊き、お参りの人たちに接待する。組持ちの石像の弘法様があって座元 が保管したり、大師堂にあるお姿をこの日だけ座元に持ち出したりする。」http://library.pref.oita.jp/kento/reference/case/oita/a_025.html

すみません、非常に長くて見にくいです。笑

豊後高田市Facebookでは「和製ハロウィン」と表現していました!
確かに!!という感じです。

実はおせったいの時にしかもらえないおせったい菓子というものがあってこれがまた美味しいんです。笑
私が好きなのはたまご菓子とめがね菓子です!

黄色がたまご菓子、穴があいてるものがめがね菓子です。

f:id:kago_com:20170426210259j:plain

幼き頃小銭をたくさん持って、白か赤の旗を立てているお家を自転車で一生懸命探してました。笑
地域によっては午前中おせったいに回るために午後から授業がある小学校もあります。笑
休みになるほど伝統のある大切な行事なんだということが伝わったら嬉しいです!笑

お参りをすると全く知らないおばあちゃんたちが笑顔で「よ〜来てくれたなあ。はい、袋を出しよ。」と言ってお菓子を袋に入れてくれます。
「ありがとうございます!☺︎」もらう方も、もちろん笑顔。おせったいではみんな笑顔です。

親戚の家が今年はおせったいをしたようで、大変だったとは言いながらも来てくれた人の話をしているときはとても笑顔でした。不思議だな〜。

他の地域にはないこの行事。
ずっと残って行ってほしいな…と思う今日この頃です。笑

豊後高田市Facebookの4月18日の記事におせったいのことが書かれています!ぜひ見てみてください!
https://www.facebook.com/bungotakadacity/

長くなりましたがこの辺で٩( 'ω' )و 

ついに看護職になって1ヶ月が経とうとしています。笑次は少し今の気持ちを整理するという意味でこの場を借りて言葉にしてみたいな〜と思ってます。笑

byコレ子