読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それゆけ、地域!

観て、聴いて、感じる!-自分、なかま、地域、地球!

愛を知る。第1号

名古屋にきて2ヶ月がたとうしています

2ヶ月生活して感じたこと

 

❶「きました!きました!方言の壁」

県外に就職すると、必ずと言っていいほど、方言の壁にぶち当たる!私もその壁にぶち当たった!

こんなやりとり。。。

(朝の検温中、、、)

NS「(患者さんに)えらい?」

Pt「えらくないよ。」

初めてこのやり取りを聞いたとき、『えっ、この患者さん、偉い人なんだ!!』とびっくり仰天!

でもいろんな患者さんに対してこのやり取りはみられ、『えっここに入院している人、みんな偉いんだ?!』と、その疑問を同期にすると、、、「えらいって『きつい』っていう意味だよ」と笑いながら教えてくれた!これで、看護師のやり取りも理解できたのであった!!

今では、私も「えらいですか?」っと言っています。通じるか不安でドキドキ💓しながらですが😁

 

❷「スーパーにカンパチがない!」

私にとって魚といえばカンパチ!ぶりよりカンパチ!

なのに、スーパーに売ってない😭!!名古屋に来てこの事実は、とても衝撃が大きすぎた、、、。

鹿児島を離れて気づくこと「鹿児島って海の幸の宝庫だったんだ、、、!」

 

❸「鹿児島県産」

スーパーにいくと、愛知や三重、岐阜産の野菜がある一方で、なんと「鹿児島県産」の野菜も愛知のスーパーに陳列されていましたよ!しかも、野菜だけでなく鹿児島の誇る「鹿児島黒牛和牛」まで(値段は高いですが)👀❣️名古屋にいながら鹿児島に触れることができるのは、とても嬉しいことです!

 

まだまだ名古屋の生活は始まったばかり。今後の新しい発見が楽しみです!

 

それと

今年の「かごシマ展」FBで拝見しました!「宇宿すきスキ♡」そんなにスキスキ言われたら、好きになってまうやろっ!って思うほど、宇宿を好きになる出会いがたくさんあったんだな〜🤤

私も負けじと、今じゃあ1人の「愛知県民」として、愛知の「愛を知る」出会いをしていきたいものです!

 

by木兆

宇宿スキスキ♡

はじめまして 離島保健活動論という授業を履修している学生です!

 

今回は授業のフィールドワークで私たち“宇宿スキスキ”班は大学の近くにある宇宿に行ってきました!!

 

日頃大学に行く際によく歩いている宇宿なのですが、意外と知らないことも多かったです。

例えば、宇宿の広さ。端から端まで歩くのはさすがに無理だったのですが(最初は行けると思っていました 苦笑)自分たちが境目だと思っていたところが違っていたり、踏切がある通りがちょうど境目となっていたりで、気を付けて見て初めて気が付くことが多かったです。

他にも宇宿にある公園を巡ってみて、地域の人と出会い、お話しすることができました。今回、私たちはインスタントカメラで写真を撮っていたのですが、最近の小学生とかはインスタントカメラ自体初めてだったらしく使い方がわからず、今回学生と一緒に初めて使ってみたそうです。私たち自身も使うのは久々で、修学旅行ぶり?とかで^^現像したのを見るまでがドキドキでした(笑)

そして、JR宇宿駅と市電脇田電停のすぐそばにあるコスモタウンでもお話を聞くことができました。いつもバスの誘導をしてくださっている方やお店の人、バスを待っていたりコスモタウン内のベンチに座っていた方々、親切にいろいろなことを話してくださりました。

私たちはいろいろなお話をする中で宇宿の好きなところは何か?という共通の質問をさせていただきました!

 「交通の便がいい」「新しい人と昔からの人が合わさっている」「イベントがいろいろある」「子育てしやすい環境」

たくさんのスキを聞きました!宇宿は皆さんに愛されていますね(*´▽`*)

写真はフィールドワーク後に作ったものです!

f:id:kago_com:20170502232359j:plain  f:id:kago_com:20170502231955j:plain

 

 

 

先日の4月28日に「かごシマ展」にて展示をさせて頂きました。宇宿の他にも学生が鹿児島県内でいろいろなところへフィールドワークを行い、展示をしています。5月12日まで鹿児島大学桜丘キャンパスの共通教育棟4階にて展示をしていますので、ぜひお立ち寄りください^^

おせったい

こんばんは!

今年度から新社会人になりました、コレ子です。(学生から社会人になったので名前も変えてみました!笑)

 

私の地元大分県豊後高田市で先日「おせったい」という行事が行われました!

仕事が休みだったら行きたかったけど残念ながら……😭

 

おっとそんなことより、「おせったい」とはなんぞやという話になると思います。

ちょっと引用…

近年、お接待は姿を消しつつあり、知らない世代が増えています。消えゆく伝統行事、お接待とはどんな行事なのでしょうか。

お接待といえばどうしても四国巡礼が思い浮かびます。『四国遍路の民衆史』にはお接待について次のように書かれています。お接待の考え方などがよく分かると思います。

“「接待」という名の福祉活動 
 遍路を助けよう 
どんな貧しい人でも長旅の遍路に出られたのは、地元四国で「接待」という行為がなされていたからである。つまり、遍路している人を助けるために、米・味噌・野菜の食べ物や、わらじ、手拭、ちり紙などの必要品を与えてねぎらう風習がそれである。…遍 路者を信仰心厚い求道者として遇する社会の同情も消えることはなかった。…また接待が積極的に行われたもう一つの大きな理由は、…遍路への施しが大師(弘法大師空海)への供養・報謝と同意義だという感覚が育まれたからでもある。… ”

このようにお接待とは大師信仰から生まれた風習・行事で、寺社への参拝者に飲食物をふるまうことですが、一般には弘法大師を信仰する人々が、毎年旧3月と7月の21日に大師の像をまつり、参拝者に菓子やモチ・握り飯などを接待することをいいます。

大分県内のお接待をいくつか紹介します。

国東地方 『くにさき』より
「3月21日の弘法大師のお接待。この日と7月21日の年両度。座元が廻り番で、米を集めて炊き、お参りの人たちに接待する。組持ちの石像の弘法様があって座元 が保管したり、大師堂にあるお姿をこの日だけ座元に持ち出したりする。」http://library.pref.oita.jp/kento/reference/case/oita/a_025.html

すみません、非常に長くて見にくいです。笑

豊後高田市Facebookでは「和製ハロウィン」と表現していました!
確かに!!という感じです。

実はおせったいの時にしかもらえないおせったい菓子というものがあってこれがまた美味しいんです。笑
私が好きなのはたまご菓子とめがね菓子です!

黄色がたまご菓子、穴があいてるものがめがね菓子です。

f:id:kago_com:20170426210259j:plain

幼き頃小銭をたくさん持って、白か赤の旗を立てているお家を自転車で一生懸命探してました。笑
地域によっては午前中おせったいに回るために午後から授業がある小学校もあります。笑
休みになるほど伝統のある大切な行事なんだということが伝わったら嬉しいです!笑

お参りをすると全く知らないおばあちゃんたちが笑顔で「よ〜来てくれたなあ。はい、袋を出しよ。」と言ってお菓子を袋に入れてくれます。
「ありがとうございます!☺︎」もらう方も、もちろん笑顔。おせったいではみんな笑顔です。

親戚の家が今年はおせったいをしたようで、大変だったとは言いながらも来てくれた人の話をしているときはとても笑顔でした。不思議だな〜。

他の地域にはないこの行事。
ずっと残って行ってほしいな…と思う今日この頃です。笑

豊後高田市Facebookの4月18日の記事におせったいのことが書かれています!ぜひ見てみてください!
https://www.facebook.com/bungotakadacity/

長くなりましたがこの辺で٩( 'ω' )و 

ついに看護職になって1ヶ月が経とうとしています。笑次は少し今の気持ちを整理するという意味でこの場を借りて言葉にしてみたいな〜と思ってます。笑

byコレ子

 

 

ばいばい頴娃町( ^_^)/~~~PART2

私の愛してやまないもの達

 

よもぎ団子・よもぎもち

f:id:kago_com:20170401182856j:image

この時期になると、母とよもぎを畑に取りに行き、婦人の家に行って、団子にする。(畑チョイスは、お茶畑の付近のよもぎは薬がかかっていることが多いので、取らないように注意しましょう。黒畑がいいと思います)

よもぎもちもそう。よもぎもちは「芋飴」で食べるのが最高に美味しい(よもぎもちを何で食べるかは地域差がある)。これが頴娃流✨✨。芋飴だけなめると美味しくないのに、よもぎもちと食べると、芋飴は豹変し本領発揮する。(ぜひ一度芋飴で食べて見てくださいね。芋飴は頴娃のスーパーには必ず売ってますので!)

 

鳥刺し

f:id:kago_com:20170401182907j:image 

ニンニクたっぷり入れて食べると最高に美味しい。

名古屋には売られていないので、とても悲しい😭

 

お蕎麦

f:id:kago_com:20170401182925j:image

あったかいお蕎麦を何でたべますか。カツオとかのだし汁ですか???

いえいえ、頴娃流はさば節でだしを作ります!さば節とつけ揚げと卵とたっぷりのネギが入れば、もう何もいりません。丼で何倍でもいける美味しさです。

喜入では豊祭(ほぜ)そばと呼ばれているようです。さば節の生臭さが苦手と言う人もいますが、あったかいお蕎麦はさば節に限ります!(ケンミンしょうにも紹介されましたよ✨)

 

青果市場

f:id:kago_com:20170401182936j:imagef:id:kago_com:20170401183102j:image

冬になると、実家でつくった野菜を出荷しに鹿児島市の青果市場へ。父と一緒によく行きます!(小さい時だけではなく、中学生になっても高校、大学生でも市場にいくことが大好きな私です。)ここには鹿児島だけでなく、日本、世界各地の農作物があつまります。この時期は屋久島たんかん✨ですね。なんであんなに屋久島たんかんは美味しいのでしょうか、、、!!

平日の日中は一般の方も市場で買い物ができますので、一度行ってみると面白いですよ。ただし今改修中ですので、もう少ししてからいくと利用しやすいと思います。

 

 

みなさんの愛してやまないものの中に、私と共感できるものがあれば嬉しいです💗

頴娃で肥えた舌が名古屋の味に合うか、これから未知の世界へ出発です✈️💫

 

by木兆

 

ps;私は写真にたいしたこだわりがないため、あまりいい写真ではありませんので、その点はご了承ください。美味しそうになかなかみえない団子もお蕎麦もとっても美味しいですよ✨食べたいものがあったら、言ってくださいね!

ばいばい頴娃町( ^_^)/~~PART1

この度就職で、22年間住んできた鹿児島県を離れることに。

 

故郷を忘れないように。愛を込めて。

f:id:kago_com:20170401181229j:image 

頴娃という地名は江戸時代から使われているらしい。昔は頴娃郷(頴娃&指宿&開聞、、、)という大きな単位として存在し、頴娃郷の中にある村が少しずつ分立していきながら、合併していきながら、今の南九州市頴娃町がある。私は、頴娃町が合併する前と、知覧町と川辺町と合併した後の南九州市頴娃町を知っている。合併によって、生まれたものもあるだろうが、失われたものもたくさんある。

 

『婦人の家』

農家の人が、農作業が落ち着いた頃に、みんなで寄り合ってお味噌、ともれがあると団子やふくれ、正月前には餅を作りにたくさんの人が集まるところ。管理人のパワフルなおばさん(おばさんと言ったら怒られそうだけどね笑まだ40代前半で見た目が若いから)が常にいて、作業を仕切っている。婦人の家はいろんな集落の人が利用して、いろんな話を管理人さんとするので、管理人さんの情報量は半端ない。

婦人の家は、季節のものが集まる。春にはよもぎ、ゴールデンウィークが終わった頃にはお茶を袋に詰めに、秋には味噌をこしらに、冬には干し大根、餅など。そして、食卓も豊かになる。

婦人の家は、管理人さんのおばさんを求めて、たくさんの人が集まる。何を作るにも機械を使うため、おばさんがいなければ、私たちは機械をさわるのが怖くて何もできない。もちろん自宅で団子やふくれを作る人もいるだろうが、年を重ねるとなかなか全てをするのは大変だったり、手伝いを求めて娘や嫁に声をかけたくても、かけることのできない人もいる。婦人の家に行けば、管理人さんと一緒に作業できるので、とてもありがたい。

でも、もうここにはもうこの管理人さんはいない。合併によって他の町と運営方式をそろえるために、管理人さんをおかないことになった(他にもいろいろ理由はあります)。

 

『青戸中学校』

私の母校。頴娃町には、中学校が3校ある。そのうちの一校である。平成31年度に3校が統合し「頴娃中学校」となる。頴娃町と合併した知覧町と川辺町は、中学校が一校ずつしかないため、合併した時点で頴娃町も中学校が一つになるかもしれないと言われていたが、実際決定となると、とても寂しい気持ちになった。

 

 

ふと「合併ってなんだろう」と思った。隣町同士がただ一緒になるだけなのだろうか。一緒になるといことは、これまでの方式やあり方までも同じにすることなのだろうか。

合併って、それぞれの文化や大切なものを知ろうとしてくれたり理解しようとしてくれたりする仲間がお互いに増えることであってほしいと思う。自分の大事なものだけを主張するのではなく、相手が大切にしているものにも耳を傾ける。正直にいって、母校が統廃合するってなる前は、頴娃町だけを見ていたけど、統廃合の話が固まってからは、知覧や川辺でどんどん廃校となっていく小学校の存在を知り、その小学校のことをもっと知りたいって思った。

 

しばらくの間、地元を離れるわけだが、これから南九州市がどのように変わっていき、変わっていかないのかとても興味深いところである。

 

PART1はこの辺で。

by 木兆

探検にゅーあいらんど!

こんにちは!

4月から院生になります、もぐみです。

 

先月、かんごしまーぜのとある一行で新島という無人島にいってきました。

 

f:id:kago_com:20170401160758j:image

企画は今年卒業のコレ子ちゃん♪

 

桜島の港から新島行の船がでています。

定員12名の船は先着順!

 

f:id:kago_com:20170401160211j:image

無事乗船(ほっ)。

船では、市内からの旅人の方と整備ボランティアの一団と乗り合わせました。

 

 10分程で島に到着!!

 

昭和20年代には約250人程の方が住んでいたという新島。2013年に無人島になったそうです。

 

f:id:kago_com:20170401163800j:image

島内には住宅跡や舗装された道に電線もあり、人が生活していた確かな歴史を感じます。

 

探検中、草刈りをする整備ボランティアの方々にもたびたび遭遇。

新島で育った方が中心になり、毎月整備に訪れているそうです!島に思いをもつ方と活動に共感してくださる方々によって、無人島になった今も新島は大切にされていました。

 

f:id:kago_com:20170401165324j:image

私たちは、少しながら持参したゴミ袋でごみ拾い。

錦江湾内にある新島。

ペットボトルや缶の漂着物も多いです。

海へのポイ捨てはいかん!!

 

f:id:kago_com:20170401172821j:image

江戸時代にできた新しい島、新島。

 

訪れた3月という節目がら、別れも多く寂しさを感じることも多かったのですが…

新島にきて、不思議と何か新しいことを始める、始まるよ!頑張れ!と背中を押されるようなパワーをもらったような気がしました。

 

今日から4月

新たなはじまりの季節

本年度もそれぞれの充実感を楽しんでいきましょう!!

新島記事でエールをおくります╰(*´︶`*)╯

 

byもぐみ

(ブログネームも実はにゅー)

北海道はでっかいどう

この言葉、冗談だと思ってはいけない。リアルな表現である。

 

地図を見て感じる北海道とは大違い。小国が集まった大国だ!

 

2月下旬ー3月上旬に訪れた北海道。鹿児島県民にとっては、一面真っ白な景色は憧れる💕

 

でもその憧れは、一気に恐怖へと変わる。

f:id:kago_com:20170331160837j:image

歩道に積もった雪は、凍結して、つるつるつるつるつるつるつる、、、。私は歩くのがやっとだった。でも、うちの相方は走っていた。スキーも後ろを振り向きながら滑っていた。恐るべし。

 

ベンチであるのに、雪が積もって、ほぼほぼ歩道と同じ高さに。

f:id:kago_com:20170331160914j:image

このベンチは一度座ると、今度は立ち上がる際つるっと滑るのではないかという恐怖を感じた。

 

しかーーし、北海道だからこそ、食は裏切らなかった。

お寿司に、カニに、ジンギスカンに。スイーツに、、、。ラッキーピエロ💕に。

f:id:kago_com:20170331161232j:imagef:id:kago_com:20170331161254j:imagef:id:kago_com:20170331161318j:imagef:id:kago_com:20170331162017j:image

そして市場のおじさんに「かごしまから きました」というと、山形屋の北海道物産展の話に。

北海道では、鹿児島で開かれる北海道物産展は話題らしい。そして「鹿児島の人はタラバを好むよね」と言われた。市場のおじさんは『どこからきたの?情報』をたよりに、カニ好みの情報を握っているのだろう。

 

 北海道は、鹿児島からとても遠いが、とても縁のあるところ。

函館にある五稜郭

f:id:kago_com:20170331161405j:imagef:id:kago_com:20170331161956j:image

新政府軍と旧幕府軍が衝突。五稜郭タワーには、五稜郭を見守るように微笑む土方歳三のブロンズ像がおかれている。

 

冬の北海道も良かったが、次回はラベンダーが咲くころに行ってみたいものだ。

f:id:kago_com:20170331162041j:imageサッポロビール片手にね☺️

 

by 木兆